ぼんぼこりん

今日はウチでお年始がありました。

で…昔っからいつも思っている事ですが、
料理をたくさん作り過ぎて余らせてしまい
腹いっぱいの上に更に詰め込まなくちゃならかったり
数日間同じ物が出続けたり挙句すてちゃったり…
なんて事が何年も続いているわけでして
私はずっと母に
「カッコつけてないで、ちょっと足りない位でいいんだよ!」
と言い続けてるのですが…
やはり外への見栄なんかもあるんでしょうか、
なかなかそうもいかない様でして。

ただ、今年は呼んだのが完全な身内だけ(叔父夫婦と、姉弟夫婦)な事もあり
今までに比べるとかなり少なかったです。
それでも、やっぱりぼんぼこりんになってしまうのですからナントモハヤですが、
あれ以上少ないとさすがに…な気がしますんで
しょうがないのかなーという感じですかね。にゃれにゃれ。

ぷふふ~、では。
kki2399.jpg
志御七「食べ過ぎで苦しいの?
    アタシ、とっておきの
    解決策知ってるんだけどな~…
チャキッ…
デヴ
「うぷ…ぐぐぐ…
   ちょ…ま…ぉうぇ…
スポンサーサイト



テーマ : 日記 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

なんでもよそ様から聞いたところによると、

「正月三が日は炊事洗濯掃除をするのは禁忌」だそうで、

三日間は長持ちするおせちで耐えろ、ということだそうであります。

そのときはははあ……と思うだけでしたが、

よくよく考えると、

「じゃあ雑煮はどうなの?」

「赤ん坊がいる家は?」

などという疑問が次から次へと。

まあいいやわたしはお屠蘇飲んでひっくりかえっていたんだから(笑)

コメ返ぼんぼこりん

>ポール・ブリッツさんへ
まぁおせち料理ってのは本来そういう物なんでしょうけど、
お年始で…ってのはまた違う話ですから。
ウチに限らず、お年始に限らず、お客を呼ぶ時って
料理作り過ぎて余らせちゃう…もったいないし処理が大変だし
大義名分や見栄は二の次にして欲しいもんです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する